メンズ

葬儀の方法は多様化している┃少人数で行なえる葬儀

自分らしい形で供養する

数珠とお花

葬式が多様化しています

人が亡くなると、まず葬式を営むことになりますが、その葬式の形式の多様化が進んでいます。時代の移り変わりと共に、人々の価値観も変化します。生活のあらゆる面に価値観の変化による影響が見られますが、葬式のスタイルにもその影響が現れています。昔は、できるだけ多くの人を呼んで立派な葬儀をあげることが故人の供養になると考えられていましたが、最近では名より実を取ろうとする人が増えてきました。大阪には数多くの葬儀業者がいますが、どの業者もそのような要請に応えるために、多彩な葬儀プランを用意しています。近年、大阪で高い人気を集めている葬儀プランは、家族葬プランです。家族葬というのは、家族を中心にして少人数で営む葬儀のことです。時間に追われずにゆっくりと最後の見送りをすることができるため、大阪だけでなく全国的に家族葬プランが人気を集めるようになっています。

供養方法は様々です

大阪で営業している葬儀業者の中には、手元供養プランや散骨プランを用意している業者がいます。立派な葬式を営んで、これまた立派なお墓に遺骨を納めることだけが、故人の供養になるわけではありません。故人の死を悼み、安らかに眠って欲しいと心の底から願ってさえいれば、他の方法でも故人の魂を供養することができます。手元供養というのは近年急激に注目を集めるようになってきた供養方法なのですが、故人の遺骨を置物等に加工して、ずっと手元に置いておくという方法です。お墓の値段は決して安くありませんし、交通の便が悪い所に霊園が設けられていることが多いため、故人の遺骨をお墓に納骨したくないと考える人が増加しています。そこで注目されるようになったのが手元供養なのですが、手元供養プランを用意している大阪の葬儀業者には、あちらこちらから問い合わせの電話が殺到しています。

これこそプロにおまかせ

複数の箱

故人の所持品を整理・処分するのは多くの人にとって予想外に骨の折れる仕事です。福岡には遺品整理を専門とするプロが多数存在するので任せるのがよい方法です。即日対応で、必要な場合は供養も依頼できるところがあるので大きな助けになります。

もっと知ろう

心を込めてお見送りする

お葬式

最近では故人と生前に親しかった人たちだけをお招きしてお別れをするという『家族葬』を執り行うケースが多くなってきました。家族葬をできるだけ経済的に執り行いたい場合には、たとえば東大阪に住んでいる人なら近隣の大阪や境にある業者さんにまで選択肢を広げてみると、満足のいく会社を見つけられます。

もっと知ろう

我が家でできる自宅葬

花と線香

斎場の利用料がなくなるなど費用を減らせる、住み慣れた自宅でゆっくり別れができる、などの理由から、八尾では自宅葬を選択する人が増加中です。自宅葬を行うにあたっては業者に依頼すると、負担軽減ができるのでおすすめです。各業者が様々な自宅葬プランを提案しているので、希望する葬式ができるものを選びましょう。

もっと知ろう